麦小舎 藤野さま名刺

BUSINESS CARDS — 2012-12-06

Forest & me.Booknick など、何かとお世話になっている
週末だけのブックカフェ麦小舎さん。
今回はご夫婦お揃いで名刺をつくっていただきました。

ご本人のリクエストで
風合いの良いコットンペーパーに紺色のインクで活版印刷されています。
凸凹感が雰囲気を出していてとっても素敵。

縦位置でシンプルに見せたいとのご希望があり
いろんな書体を組み合わせて、全体的にすっきりとみえるよう気をくばりました。
例えば「本とコーヒー」の部分だけで3書体使ってます。
フライヤーやチラシに比べると、構成されている要素が少なくサイズも小さな名刺。
しかしながら、その役割はとても重要です。もつ人の顔ですから。
言われなければ気付かない細部にまで気を配ることで
手渡された時の存在感がまったく違うものになります。

麦小舎といえば、そう、もはや代名詞というべき「ツチネコくん」。
このツチネコくんをにょろりと登場させてみると良いアクセントに!
最初はマークなどは入れないという話でしたので
いくつか文字のみのデザインもご提案させていただきましたが
最終的にはツチネコくんバージョンをセレクト。
とても気に入っていただけました!
出産などの諸事情でバタバタしてしまいましたが
ようやく納品できました。お待たせしてすみません。

今期のカフェ営業は惜しまれつつクローズ。
来春が既に待ち遠しい。

Design/Kobayashi Makiko


SAN GRAPHICA さま 名刺

BUSINESS CARDS — 2012-08-02

上田市で、WEBサイトや映像・印刷・サイン媒体の制作を手がける
SAN GRAPHICA(サングラフィカ)さまより
今年の6月から法人化したのを機に、新しい名刺をつくりたいとのご相談をいただきました。

提案力があるのは数ある制作実績をみれば一目瞭然。
けれど決して堅苦しい雰囲気ではなく
どんな仕事もさらりとラフにこなしていくスタッフ(みなイケメン!!)。
お客様からの信頼も厚く、かつスマートに業務をすすめていく社風にあった名刺は…と考えたとき
一般的な名刺では珍しい表裏色の違ったボード紙を採用して
武骨で男らしくカッコいい名刺にしあげてみました。

さらっと挿入されているサングラフィカ日本語ロゴも
今回の名刺制作に伴い、新たに制作させていただきました。

実は私がまだ会社勤めしていた時にも
名刺やロゴ制作に関わらせていただいたので
今回が実質2度目のお手伝いとなりました。
微力ながらも、毎度毎度、大事な節目となるタイミングでご依頼くださり、何とありがたいことか!
気合いを入れてご提案させていただきました!

噂によると、新社屋の完成も間もなくとか…!?
早く遊びに打ち合わせしに行きたいなぁ!

SAN GRAPHICA
http://sangraphica.com/
Facebookページ

Design/Kobayashi Makiko

納品のついでにパチリ!ありがとうございました!


オフィス晴文堂 山本さま名刺

BUSINESS CARDS — 2011-12-10

上田で文案作成・企画編集をしている友達りつこちゃんの名刺をつくりました。

りつこちゃんは以前勤めていた会社の同僚。
苦しい時はお互いに励まし合い、何か失敗した時は飲みにいって愚痴大会、
迷った時は相談し合い、プライベートでも一緒に遊んだり。
リツコちゃんがいなかったら挫折していたかも、、
と言っても過言ではないほどお世話になった仲です。
今はお互いに妻となり母となり以前と働く環境が変わったものの
「子育ての合間に仕事をする」という共通のスタイルで頑張っています。

そんなりつこちゃんの名刺。

彼女の仕事を間近で見ていて印象的だったのは「書くこと」。
自らの手で書きおこした原稿の類いや、一生懸命手を動かす姿には
相手を思いやる気持ちがこもっていました。
それはこれからも変わらないんだろうな…と思い
「書くこと」を強く伝えるデザインにしました。

また、「書くこと」には文字を使います。
万年筆インクのような紺色で活版印刷をすることで
よりひとつひとつの文字を大切に扱う姿勢が表れたかなーと思います。
黄色がかったコットンペーパーもレトロな雰囲気で可愛いです!

基本的に好きにやっていいよ〜、と
おまかせしてもらえたので、楽しいお仕事でしたよー!
(この仕事に限らず好きにやらせていただくことが多いのですが!)
りつこちゃん、ありがとう!

Design,Illust/Kobayashi Makiko


ありんこ菓子店さん 名刺

BUSINESS CARDS — 2011-10-24

私が「はじまる小槌」のWEBサイトを公開して間もなく
はじめてお仕事のお問い合わせがありました。
それがありんこ菓子店さんからの名刺制作のご依頼でした。

仕様は、私の名刺とほぼ同様に
厚みのあるクッション紙に活版印刷の組み合わせ。
手書き店名と蟻のイラストがポイントです。
情報はさらりと小さく控えめに配置することで余白が生まれ
シンプルだけど存在感のある仕上がりになりました。
全体的に細字なので、活版でつぶれてしまわないか心配でしたが
かえって凸凹が強調された気がします!
イラストの蟻は、まるで雪の上を歩いているかのような質感…!

ありんこ菓子店さんは、軽井沢の千ヶ滝で不定期営業しているお菓子屋さん。
ひとつひとつに並々ならぬこだわりがある焼菓子達は
あっ!という間に売り切れてしまいます。
それこそイベント出店となれば、数分のうちに完売してしまうほど。
舌の肥えたお菓子通をも納得させてしまうその味に
大勢のファンが通い詰めています。

ありんこ菓子店の店主こと、ariさんとは
麦小舎さんを通じてお知り合いになりました。
ちょうどForest & me.の記念すべき1号が発刊されたときだったでしょうか。
デザインすごく良かったよ!と一番にお褒めの言葉をいただき
すごく嬉しかったのを覚えています。
いろんなイベントでお会いしたときも「まきちゃん!」と真っ先に声をかけてくれます。
そんなariさんからのお仕事ということでかなり気合い入りました。笑
納得のいくまでデザインの検討をする姿に
自分のこだわりを貫くariさんの潔さを感じ、ますます尊敬(&見習わねば…と反省!)。

こだわりがつまった、世界にたった一つの名刺。
これからも末永く使っていただきたいです!

Design,Illustration/Kobayashi makiko


名刺を角丸にDIYしてみました!

BUSINESS CARDS,DIARY — 2011-10-04

自分の名刺を角丸にしようかどうか迷っていたんですが
思い切って業務用コーナーパンチ買っちゃいました。
これから仕事で使う機会があるかもしれないし。

Rの半径、標準は6mmなのですが、名刺に使うには少し大きめなので
別売りの3.5mm半径の刃も購入。(ポイント使って実質0円!)
裁つのに少しコツがいりますが、まあまあ満足なしあがりです。

とはいえDIY感がでるのは否めないので
クオリティを求めるなら、印刷加工の過程での角丸加工がオススメ。
コストを抑えたい&てづくり感がでてもいいよ…という方にはうってつけかと思います。

というわけで、元をとるためにも
せっせと角丸モノを量産していきたいと思います。笑


次ページへ »

(c) 2017 はじまる小槌 HAJIMARU-COZUCHI | Kobayashi makiko | All right reserveds. powered by WordPress with Barecity