ようこそ、次男坊くん。おめでとう、お兄ちゃん。

DIARY — 2012-10-19

長男の時と同様、予定日を過ぎても産まれる気配がない。
予定日からちょうど1週間が経過する9月6日、この日を入院日に決めた。
と、思ったら自然に陣痛がやってきた。
入院日当日の午前1時のことだ。
どうせ前駆陣痛だとタカをくくりスマホをいじってやり過ごすものの
痛みはいっこうにひかず、むしろ間隔が狭まり痛みが増してくる。
こりゃもしかすると。
電話をし、支度をし、病院に着いたは午前4時50分。
あれよあれよと事が進み、午前5時43分。
あっという間の出来事だった。
元気な男の子。
あんまりにもお兄ちゃんにそっくりな顔して出てくるもんだから
とーしゃんも、かーかも笑ってしまったよ。

そんな記念の日から早くも1ヶ月半。

長男に比べるとやや小柄で生まれたため
とりがらのような細い手足にヒヤヒヤしたけれど
おっぱいを飲む量もグッと増え、今ではぷっくりとしたお餅のようなからだに。
1ヶ月の健診では特に問題もなく身長体重共に順調に成長している様子。
最近はニカーと微笑むことが多くなってきました。

そんな弟が気になって可愛くて仕方がないお兄ちゃん。
先日2歳のお誕生日を迎えました。
7月に保育園へ通いだしてからの成長っぷりは凄まじいスピード。
ごはんを上手に食べられるようになったり、トイレに行けるようになったり、
お歌を口ずさんだり、体を動かしてダンスを踊ったり、
いろんな言葉や簡単な文章をお話できるようになったり…等
弟に負けじと、ものすごい勢いでレベルがあがっていきます。
毎日まいにち新たな成長を発見できるので、とても楽しくて嬉しい。

君たちとの長い長いおつきあいもはじまったばかりだね。
さあ、これから楽しい思い出をいっぱい重ねていこうではないか!

 


(c) 2017 はじまる小槌 HAJIMARU-COZUCHI | Kobayashi makiko | All right reserveds. powered by WordPress with Barecity