ボンクラゼミナール vol.2 に参加してきました。

DIARY — 2011-10-29

昨夜、長野市で行われたボンクラゼミナール vol.2 に参加してきました。

講師がDRAFTの植原亮輔さん、博報堂の長嶋りかこさんだと知った瞬間、即参加を決断。
おふたりの手がけが作品がものすごく好きなので!
まさかまさか、長野に来て頂けるなんてと驚きと感動でした。

会場であるカネマツも、前々から遊びにいきたかった場所。
古い倉庫をリノベによって生まれ変わらせたその空間は
懐かしさが漂う素敵な雰囲気で、何度も通ってみたくなる味がありました。
今回は夜間の訪問でしたが、昼間も昼間ならではの佇まいなんだろうと
既に次回の訪問に向けてワクワクがつのる。

でがけのバタバタや渋滞などもあり、涙の開催時刻30分オーバーでコソコソ入場。
まず大勢のお客さんにビックリ! 平日夜にもかかわらず70名ほど?集まったそう。(…と小耳にはさみました)
デザイン関連以外のお仕事をされている方も多く出席されたようでしたが
みなさん真剣におふたりのお話に耳を傾けていました。
合間の休憩時や終了後には、以前からお会いしたかった方々にご挨拶ができホクホク。←U君ありがとう!
(泣く泣くご挨拶できなかった方も多数…またの機会では是非とも!)

 

以下私が印象に残った話・言葉、感じた事などメモ。(※一部こばやし解釈あり!注意!)

・少ないコストの中でいかに最大限の見せ方ができるか。工夫を凝らして作り上げていく努力を惜しまない。
ex)面付け/1C/お金がかからない方法

・1点のビジュアルはものすごいパワーが必要。
複数のビジュアルは、それぞれが合わさる(=点と点が結ばれて線になる)ことで
世界感が生まれてパワーが出る。

・デザイナーとして作品を作(り続け)ることも重要。

・ADという職業自体がどんどん変化している。関わる範囲が広がっている。
受けるだけではなく、自分たちで発信することも重要。

(植原さん)
・自分の中に「方程式」がある。
・アイデアが出るまで話す。アイデアが出なかったら、それは話しきれていないということ。

(長嶋さん)
・感情が爆発したときの思いつきをメモしておく。悲しい事、辛い事、悔しい事…etc
これが必ずどこかで活きてくる。プライオリティの高いものができる。
・時代の「うわずみ」をストックしておく。
・自分がハッとしたものを集めておくことで、自分の好みが把握できる。
→好き嫌いの選択がものすごく早くできるようになった。

(長嶋さんから見た植原さん)
・とにかく変態!フェチ度がすごい。
・ビジュアルの美しさが魅力と思っていたが実はすごくコンセプチュアルだった!
・アイデアが瞬時にでてくる。

(植原さんから見た長嶋さん)
・女の子である強み。ファッション感覚がある。物事を伝えることに優れている。

・みんなと切磋琢磨して伸びていく「場」を!
ex)札幌/札幌ADCが誕生してから数年でレベルが一気にあがった。上位は世界でもトップクラス!

 

どのお話もすごく参考になりましたが
特に「伸びていく場」というのは本当に大事だと思いました。
デザイナーって、個が強い・閉じられている・横のつながりがないという(あくまで個人的な)イメージがあって…
でも最近の、長野デザイン界隈の盛り上がりは
いろんな人達が繋がっているからこその盛り上がりなんだろうな、と。
待ってるだけじゃなくて、自分から進んでどんどん繋がっていかなくちゃいけないなと思いました。

私はまだ本格的に仕事をすることを控えなければならない時期で
自由な時間が少なく、思い通りに動けないけど
今日感じたことを忘れずに粛々と活動していこうと、改めて感じました。

最後に今回の企画・運営のbonnecuraの皆さん、ご関係者さま、
素敵な催しをありがとうございました!

(あーあ…やっぱり写真一枚も撮ってないし…涙)


Book-nickに遊びに行きました!

DIARY — 2011-10-16

雨天の昨日とうってかわって、突き抜けるような秋晴れの中
麦小舎さんで開催されたBook-nickに遊びに行きました。

向かう途中での紅葉した山々はとてもきれいで
思えばおでかけらしいおでかけも久々だなあ、なんて気付いてみたり。

もろもろお手伝いさせていただいたこともあり
どうか大成功しますようにと祈る気持ちで会場へ向かったのですが
その心配は無用でした。
本を物色する人、顔なじみさんと談笑する人、
ワークショップを楽しむ人、お庭でごはんを食べる人、、、
大勢のお客さんが思い思いのスタイルでBook-nickを楽しんでいました。

規模こそ小さいですが、その分売り手さんとお客さんの距離が近くてあったかいこと、
北軽井沢の気持ちの良い自然を楽しめることが
麦小舎さんの企画するイベントの醍醐味だと思います。

私はというと、本を3冊ほど購入!
そして前々からお会いしたかった方々と
ご挨拶することができ、大充実のひとときでした。

しかし、1歳になったばかりの息子は早くもわんぱく盛り。
もっとじっくり本を物色して
もっといろんなひととお話・ご挨拶をして楽しみたい!
…という欲求を泣く泣くおさえ、後ろ髪を引かれる思いで会場を後にしました。

是非またBook-nickが開催されることを願っています!
みなさま今日はありがとうございました。いずれまたどこかでお会いできますよう。。

前日の様子はコチラ!

麦小舎さんへ向かう途中の道。
この道が私は大好きです。

(ああ、写真ぜんぜん撮れなかった、、涙)


上田電撃が今朝15日付の信毎に掲載されました

DIARY — 2011-10-15

今朝の朝刊を見てびっくり!上田電撃の記事が信濃毎日新聞に掲載されていました。

企画したMくんの手にはポスターが…

自分のつくったものが新聞に掲載されるのってはじめて、かな? 
あ、そういえばForest & me. が
リトルプレス特集で日経新聞にとりあげられたこともあったっけ。
いずれにせよ、嬉しいものですね。

これをきっかけにしてお客さん来てくれるといいな。


1歳のお誕生日、おめでとう。

DIARY — 2011-10-12

一年前の今日、正にこの時間に、生まれてきてくれました。

へその緒は首に巻き付いているし
頭の向きがめずらしい方向をむいているしで、大変だったねえ(しみじみ)。

はじめの1〜2ヶ月はロクに睡眠時間もとれず、ひたすら授乳。
はじめての夜泣きで朝の5時まで寝なかったとき、母も一緒になって泣いてましたなあ。笑
(思えば夜泣きらしい夜泣きはそれっきりだな。)

両親も君も、何もかもがはじめての体験で戸惑ってばかりの一年だったね。
それはもうしばらく続きそうだけど
永い人生はじまったばっかりですもの、のんびり一緒に歩いていきましょう。

お誕生日おめでとう。

これからもよろしくね。


名刺を角丸にDIYしてみました!

BUSINESS CARDS,DIARY — 2011-10-04

自分の名刺を角丸にしようかどうか迷っていたんですが
思い切って業務用コーナーパンチ買っちゃいました。
これから仕事で使う機会があるかもしれないし。

Rの半径、標準は6mmなのですが、名刺に使うには少し大きめなので
別売りの3.5mm半径の刃も購入。(ポイント使って実質0円!)
裁つのに少しコツがいりますが、まあまあ満足なしあがりです。

とはいえDIY感がでるのは否めないので
クオリティを求めるなら、印刷加工の過程での角丸加工がオススメ。
コストを抑えたい&てづくり感がでてもいいよ…という方にはうってつけかと思います。

というわけで、元をとるためにも
せっせと角丸モノを量産していきたいと思います。笑


« 前ページへ次ページへ »

(c) 2018 はじまる小槌 HAJIMARU-COZUCHI | Kobayashi makiko | All right reserveds. powered by WordPress with Barecity